狸穴からの眺め

ついったで喋るにはちょっと重い話とか

パンが肉なわけないだろ錬金術かよ

煽り文句みたいな表題になってしまったけれど。

暇だったので(というのもなんだけど)勉強会にも頭を突っ込んできました!
テーマは「ミサについて」。
ミサ体験をして疑問点がどっさりある私にはピッタリ!やったぜ!

内容としては、ミサの構成とか、ここでこういうことをするよとか
形の話がメインだったんだけれども、私が知りたいのはもっとナゼナニの部分。
講義の後に談話会みたいになったので、ちょっと神父さんに訊いてみた。

「何で未受洗者は聖体拝領できないんですか?」
アメリカでホストファミリーとバプテスト教会に通ってたときは
洗礼受けてる受けてないに関わらず、一口大にカットされたパン(=ホスチアとかホスティアとか呼ぶやつ)を
皆が貰えていたんだな〜。
そっちに慣れてたので「神の下に平等(の筈)なのに、区別するのは何で?カトリックは独特な考え方してんの?」って、そこが気になったのです。

神父さんの回答によると「ミサの儀式の中で、パンがイエス・キリストの身体になる」らしい…。
ほんで、そこんとこ理解して信じてる人だけが貰えると。信じてない人にあげると神様に失礼でしょ的な理解で合ってる?

でな?!私としては?!いや!?ちょっと!?意味分からないんですけど!?
だってあれどう見てもパン(っていうか白いえびせん)じゃん!?
ミサの最中にも神父さんが「パリッ…」って割ってたりするやん!?でも肉(つーか身体)なんだって。
だけど勉強会に来られてた信徒の方との話の中でもホスチアの味について「どこそこはここより香ばしい」とか言われてて、
えっ?!その時点で肉って思ってないんじゃないの!?待って!?参照エラー起こすから待って!?
…ってなるわけです。

プロテスタントでは、ホスチアはイエス・キリスト「の象徴」で、イエス様の言動とかお気持ちを思いながら頂きましょうね〜みたいな、
そんなノリだった(ような気がする、中学の時の話だから記憶も当時の英語力も怪しい)んだけど、
カトリックではホスチア=肉…。
カトリック語はわけわからんぞ…ということで、色々考察してみますです。